初めてピアノを弾いたあなたに教えたい


【初めてのピアノ、指運びから始めよう】

ピアノに初めて、触ったらまず指運びを覚えるようにしましょう。
確かに楽譜が理解できることが前提になります。
だけど、曲を理解するだけではピアノを弾くことはできません。

指運びが重要です。

ピアノは両手の10本の指で弾きます。

左手でリズムを刻み、右手でメロディを奏でます。
なので、指をスムーズに動かすことが重要になります

指を動かすには指運びを覚えるのは基本です。

指運びがしっかりしていたら曲をスムーズに弾くことができます。

そこで手の形は手のひらに卵を優しく持つようにします。

鍵盤は叩くようにします。

ちなみに指運びを覚えるにはクラシックで定番のハノンやツェルニーが有名です。

ただし、曲が単調で音楽性に欠けるかもしれないけど、指使いを覚えるのにはぴったしな曲です。

【初めてのピアノでの指の訓練とは】

とにかく、指の訓練はピアノを弾くことに限ります。

ピアノは鍵盤を叩けば簡単に音が出ます。
だけど、音を出すだけでは曲にはなりません。
むしろ、でたらめに音を出しているだけでは耳障りです。

そこでトレーニング用の曲が必要になります。

他にも指の訓練があります。
例えば、薬指です。

実は薬指が高く上がるほど、ピアニストに向いていると言われています。
指の神経が中指、薬指、小指がつながっています。

ピアノを弾く時、指がバラバラに動くと曲を弾きやすいです。

なので、手をほぐしたり揉んだりしてみましょう。
軽い指のストレッチなどをするのも指が温まって指が動くようになります。

最初は指の動きをゆっくりとして段々、曲のテンポを上げていくのも指の訓練になります。

【初めてのピアノで指番号が書かれている楽譜を使う】

指使いはなかなか、覚えられません。

ピアノの指番号とはどんな指で音符を弾いたらいいのか、理解できます。
要するに楽譜に書かれた指番号通りに弾いていけばたどたどしくても、曲になります。

まず、番号は親指から順に1、2、3と数えていきます。
それに両手とも同じです。

楽譜は右手と左手に分かれています。
ちなみに記入されている指番号はピアニストが決めたモノです。
なので、初心者でも弾きやすくなっています。

指番号は弾きやすくてその曲にあった表現がしやすいと言われています。
ただ、人の手は個人差があって手の大きさや形も微妙に違います。
なので、必ずしも楽譜に指番号が書いてあっても指番号を守って弾かなくてもいいでしょう。

とはいうものの、まだピアノの経験がない場合は楽譜に記入してある指番号に従った方が曲を弾きこなしやすいです。

【初めてのピアノで指番号が書いてない楽譜とは】

どんな楽譜でも指番号が書いてあるわけではありません。
実際、指番号が振ってある楽譜の方が少ないです。
ただし、指番号が振ってある楽譜は初心者向けなのは確かです。

とはいえ、指番号が振っていなくても簡単な曲なら自分で考えて弾くことができます。
最近ではネットなどで無料で楽譜を手に入れることができます。

だけど、無料で購入した楽譜には指番号がついていない場合が多いです。
確かに探せばあるかもしれません。
結局、なくても楽譜さえあれば弾くことはできます。

つまり、自分が引きやすいように自分で指番号を振ればいいだけです。

大体、指番号が振っていない楽譜にも色々と理由があるようです。

最初のうちは指番号が振っている楽譜を使い、慣れてきたら指番号のない楽譜に取り掛かった方がいいでしょう。

【初めてのピアノで指番号の振り方を考える】

大抵の初心者向けの楽譜には指番号が記載されています。
指番号の通りに弾いていけば、自然と指使いを覚えることができます。
ただし、指の動きは人それぞれです。

それに、指番号はピアニストが決めたモノです。
実際、音によってこの指という決まりはありません。

結論から指番号の振り方にルールがないということになります。
先に記載した通り、初心者向けの練習曲の楽譜は指番号が振ってあり、何度も練習することによって基本を学ぶしかありません。
要するに初心者で楽譜に指番号は降らない方がいいでしょう。

上達したいのなら練習曲の指番号を参考に、自分で指使いを考えながら弾くことが大切です。
ちなみに初心者に対して指使いに対してこだわらない場合が多いです。

【初めてのピアノでの指の形】

ピアノと同様に鍵盤で演奏する楽器にオルガンがあります。

だけど、どちらの楽器も指の形が違います。
ピアノは指を立てて演奏します。
しかし、オルガンはたてません。

簡単に説明するとピアノでの指は手のひらにたまごを乗せて軽く握った形です。
あくまでも基本ですが、
指の形によっては悪い癖がついてしまいます。

いったん、弾き方に悪いくせがついてしまうと治すのに時間がかかってしまいます。

それに手がぺちゃんとなっていると曲のタッチにも影響が出てしまうので気をつけましょう。

ちなみに指の位置は、親指の真横を鍵盤に乗せると自然と正しい位置になります。
正しい指の形を取っていればスムーズに指が動いて、テンポの早い曲でも弾くことができるようになります。

【初めてのピアノで指番号を無視したら】

初めて、ピアノに触ったらまず、音を出すことから始めるはずです。
それに指番号をどう考えているかはピアノ教室によって違います。

ただし、指番号を振ってある楽譜は初心者でも簡単に弾けるように考えられています。
なので、あっさり無視するわけにもいきません。

そもそも、指の神経はつながっています。
しかも、薬指を動かすとどうしても小指も一緒に動いてしまいます。
案外、指をバラバラに動かすのは難しいです。

特に親指から中指は自由に動かしやすいです。
要するに薬指と小指が動かしずらいです。

楽譜に振ってある指番号を無視して、ピアノを弾けば初心者の場合、変な癖がついてしまうかもしれません。
弾き方に変な癖がついてしまうと治すのに時間がかかります。
なので、初心者なら楽譜の指番号を無視しないほうがいいでしょう。

【初めてのピアノの指での特徴】

ピアノを弾く時は五本の指がバラバラに動くことが理想です。

ちなみに大人も子供も同じ楽器を使うのがピアノです。
バイオリンの場合、子供は子供用のバイオリンを使います。
何が言いたいのかというと、大人と子供では指の長さが違います。

大人なら1オクターブ届いても、子供の場合は届かないということです。
昔は指が長いとピアニストに向いていると言われていました。

だけど、指が短くてもピアノを弾くことはできます。

最近でピアニストに求められているの手の柔らかさです。
手が柔らかいと指がスムーズに動きます。

指が長くてもスムーズに動くことができなければピアノの演奏には不向きです。
しかも、爪を伸ばしている人はピアノの演奏に不向きです。

【初めてのピアノでの指の筋トレとは】

ピアノは鍵盤を叩いて演奏します。
ただ、触っても音が出るわけではありません。

その反面、電子ピアノなら触っても音がする場合があります。
あくまでも、ピアノの基本は指の力にかかっています。
なので、指の筋力を鍛える必要があります。

実は薬指と小指が一緒に動いてしまう人は案外、います。
ついでに左手がうまく動かない人もいます。

大抵の人の利き手が右手だからです。

ピアノに求められていることは指や手がスムーズに動けることです。
ずばり、求められているのは手や指の筋力になります。

要するにピアノの演奏に求められているのは指の動き、力加減です。
そこで指の筋力をどう上げたらいいのでしょう。

そこで、指のストレッチなどが有効です。
ただし、筋肉が冷えていると効果が減少します。

入浴中などいった筋肉が温まった状態で指のストレッチを行いましょう。

【初めてのピアノ、指が動かなくなることはある】

過度の緊張のあまり、指が動かなくなるということはあります。

といっても、初心者の場合、指が動かなくなるということは他にも存在します。
その一つが腱鞘炎です。

ピアノの上達のためには練習曲を毎日、沢山弾くことです。
ただし、弾きすぎた結果、腱鞘炎になったら元も子もありません。
この場合、指が痛くて動かすことができなくなると言えるでしょう。

練習曲を弾くのもいいけれど指が動かなくなるまで弾いてはいけません。

結局、練習しすぎも指を傷める原因になるます。
まずは、ゆっくりと曲を弾くようにして徐々にスピードを出していいきます。
適度の疲労感を感じるところで弾くのを止めておきましょう。

その結果、少しずつ指の力がついてきます。
そうすれば、ピアノを弾きこなすことができるでしょう

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)