ピアノを独学で修得するなら


ピアノを独学で修得するというのは以前なら、かなり、難しかったんです。
結局、独学よりもピアノ教室に通ったほうが簡単にピアノが弾けるようになるからです。
それに楽譜も読めたほうが何かと便利だからです。

でも、最近はインターネットが普及しているので独学でもピアノを修得できるというわけです。
中には独学の方がピアノが弾けるようになるという人もいるんです。

大体、独学でピアノが弾けるようになるのにはポイントを押さえておくことです。
そのポイントが基本的な弾き方から始まって、楽譜の読み方や音楽理論を知ることです。
でも、基本的な弾き方ならいざ知らず、音楽理論は子供の頃からやっても理解しにくいものなのです。

ここで問題なのが、大人だったら自力で理解できるというわけです。
なので、理解できるということはその分、上達が早くなるというものです。

でも、これは大人になってからの話です。
子供だったら独学でやるのは止めてピアノ教室に通った方が上達が早くなります。

独学の場合、必要な情報は自分で集めなくてはいけないのです。
以前はこういったことがなかなか、大変だったわけです。
インターネットなら簡単に情報が手に入り、参考になるCDやDVDとかも購入できるのです。

ほかにもピアノを弾くための教本やレッスン書、簡単に購入できるようになったわけです。

以前、私もピアノを習っていたんですが。
教本やレッスン書、楽器専門店でしか購入できなかったんです。
一般の本屋ではあまり、需要がないせいか、種類か少なかったわけです。

いい教本がみつからないとピアノの練習も滞ってしまうのです。

結局、独学であっても教室に通ってもどちらにしても練習が必要になってくるのです。
なのに、練習が滞ると上達ができないわけです。
上達ができなかったら、ピアノを習う甲斐がないですよね。
やっぱり、独学でもピアノをやるのなら上達したほうがいいに決まっていますから。

でも、現在、楽器専門店や本屋でなくても教本やレッスン書はネットを通じて購入できます。

とはいうものの、大人になってからピアノを学ぶと言うはなかなか、難しいのです。
というか、さすがにプロになるというのは無理です。
第一、指が動きません。

これが、ピアノを習うのなら子供の方がいいという理由なのです。
でも、大人でピアノを習ってもそこそこ、曲は弾けるんです。

しかも、最近はピアノ自体も進歩しているんです。
ピアノは上達するまでが耳ざわりなものなんです。
たとえ、かなりの腕でも四六時中、弾いていたら近所迷惑ですから。

でも、電子ピアノなら音を消して練習ができるんです。
最近、ピアノを習おうと考えたら電子ピアノを購入のもよさそうです。

ともかく、最初に戻ってピアノを独学でやるのなら必要なのはやる気です。
上達したいのならある程度の練習が必要です。
そのために何をするのか、その点もきちんと考えてみたほうがいいですよ。
何事も三日坊主にはなりたくないですよね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)