ピアノとオルガンから


ピアノとオルガン、共に鍵盤があるのですが。
似て非のある楽器です。

ちなみにオルガンは空気を吹き込んで音を出す楽器ですが、ピアノは叩いて音を出しているのです。
ピアノを習うと大抵、鍵盤を叩くようにと教えられていました。
というか、ピアノは叩くように弾かないと音が出ないんです。

といっても、最近ではピアノも色々な種類が出てきています。
電子ピアノだとどうなんでしょうか。
叩くようにしなくても電子ピアノなら簡単に音が出ます。
逆に最近、オルガンを見かけなくなりました。

それはやはり、ピアノが案外、手頃な価格で購入できるからでしょうか。

構造からの違いからいうとピアノは弦楽器、オルガンは管楽器なわけです。
音の違いもあるかもしれません。
実は指の形から違っているです。
なので、オルガンを習っていたのにいきなり、ピアノに転向すると指の形から指導されるかもしれません。

で、ピアノを習うのなら手が大きい方がいいと言われてます。

確かにピアノニストは手が大きい人が大勢、いるんですが。
しかも一オクターブ、指がとどかないと弾けない曲もあるのです。
でも、プロになるわけでもなく、音を楽しむだけなら、手が小さくてもなんとかなるものです。

で、子供の頃からピアノをやっているとある程度の音感がつきます。
これは非常に役立ちます。

以前はピアノをやるならなるたけ、小さいうちがいいと言われていたんです。
ちなみに三歳くらいからがいいそうなんですが。
小さい頃からピアノを弾いていると指が少し、曲がってしまうんです。
といっても、日常に支障ができるほど曲がるわけではないんですが。

ただ、子供の頃にピアノをやっていると指の力も強くなります。

話は変わりますが。
最近、オルガン、あまり見かけないと思いませんか。
学校の音楽室にもオルガンよりピアノが置いてあるのです。
確かにオルガンよりピアノの方がいいと思うんですが。

というか、ピアノは昔はかなり、高かったのです。

だから、安価で購入できるオルガンが多かったのかもしれません。
それにピアノとオルガン、弦楽器と管楽器の違いがあっても鍵盤で音をだすものですから。
確かに指使いは微妙に違うんですが。

でも、最近は電子ピアノが多いですから。
それに安価で購入できるピアノが増えているのです。

というか、ピアノは調律次第で長く、使用することができます。
でも、定期的に調律しないと音が狂ってくるのですが。
だけど、調律をしたら長く弾けます。

年代もののピアノも案外、手頃な価格で買い取ってくれる業者もあります。
中古のピアノなら新品の半分の以下、しかも調律済みで購入できるかもしれません。

それにどうせ購入するならピアノのほうがいいとつい、思ってしまうんです。

ただ、ピアノには音以外に問題があるのです。
それが重さです。
といっても最近の住宅は頑丈なものが増えているんですが。
中古のピアノとかを購入したらお部屋の強度も気をつけておいた方がいいですよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)