ピアノ初心者でも大丈夫!これから始められること。


みなさんも一度は『ピアノっていいな』『弾けたらかっこいいんじゃん』と思ったことはないですか?
実際にわたしも思ったことあります。
歌を歌うことが音痴なわたしは、ピアノやギターを弾けるひとは音の感覚もとれてくるから歌もうまくなるっというのを聞いたからです。
でも、ピアノをマスターするには初心者でもできるの?と思うかもしれませんができるんですよ、コツさえつかめれば難しいことはありません。

<姿勢を正そう>
まず1つは、ピアノを弾く姿勢です。
きちんとした姿勢を身につければ、弾きやすくなるのです。
逆に姿勢が悪い状態で演奏してしまうと、腰や身体を痛めてしまったり、弾き方におかしな癖がついてしまう原因にもなりかねません。
じゃあ、どういった姿勢が一番正しいのでしょうか?
一番最初に姿勢として気をつけなければならないのが「ピアノとの距離」ですね。
ピアノとの距離が近すぎると、窮屈で少し距離ある位置の音を鳴らそうと思っても窮屈で両手がつまってしまい、指の行動範囲が限られてしまいます。これでは、満足する演奏なんてとてもできません。
だったら、ピアノとの距離を広くすればいいんじゃないかと今度は距離を遠くにしてみてみると、手足が伸びきってしまいこれもまた動きにくくなってしまいます。
これでは、長時間演奏するにはとてもキツいですし疲れてきてしまいます。

正しい姿勢というのは、背筋を伸ばしてかまえたときに肘が適度に曲がり腕が動きやすい状態です。

<指のかたち>
ピアノの前に座ったらまずは、全身をリラックスさせて鍵盤の上で弾く姿勢を整えてみてください。
基本的なかたちは、余計な力を抜いて自然にまるーく曲げる、そのかたちこそが弾くにふさわしいです。
うまくできない人は、手首から下がぶらーんとしたイメージを持ってやってみてください。

<リズム感を鍛えよう>
ピアノの基礎を始める前にかならず用意してもらいたいのが、「メトロノーム」。
リズムは重要な要素ですので、おろそかにしてはいけません。
メトロノームがあれば、身体に自然とリズム感が感覚として分かってくるのでぜひ活用してください。
また、電子ピアノやキーボードにもそういったリズム機能が内蔵されているものもありますので、そういったものも利用してみるのも手ですよ。
でも、なぜメトロノーム?と思うひともいるかもしれませんが、そんなの必要ないよ、なんて思ってる人はだいたいはリズム音痴になる人です。
リズム感が良くない人のことですが、そういう人は大概自分のリズム音痴に気づいていないことが多いです。だから、音痴なままなのです。
音痴を直すためにも、メトロノームって必要性があるんですよ。

<指でコツをおさえよう>
ピアノは指で鍵盤を押せば音がでますよね。下手にいってしまえば、身体のどこを使ったって押せば音がでるものです。
特に意図して指以外を使わないというならば、指の一番敏感な部分で弾くようにしてみてください。
しっかりと指の敏感な部分で鍵盤に触れる癖をつけることが、ピアノ上達の大きなコツです。
繊細な優しい弾き方をしたり、強い力で鍵盤を叩くように弾くといったタッチを自在に調整するコツは、指の敏感な部分で鍵盤に触れることなのです。
え、でもそこってどこなの?と思う人もいるかと思います。具体的にいえば、指先の一番膨らんだ部分です。爪から少し離れた、指の真ん中のところです。
そこで鍵盤に触れることがポイントになるのでぜひ探して実際に弾いてみてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)