初めてでもピアノが弾けるようになれる!


ピアノが弾きたい方に必見です。初めてでもピアノが弾けるようになる練習法や独学方法などを紹介します。
ピアノの音色には奥深い響きと幅広い音の重なりで魅了されます。ピアノが弾きたいけれども弾けるかどうかわからない方や自信のない方もピアノを練習することで初めてでもピアノが弾けるようになります。

クラシックやバラード、テレビで聴いた感動の名曲、CM曲、BGMなどピアノで弾く曲は心に感動を与えてくれます。
心に残る名曲をピアノで弾きたい方は独学でも弾けるようになるので練習してみるのもいいでしょう。ピアノを購入しても弾けるかどうか自信がない方は、まずはキーボードなどを使って鍵盤の練習から始めてみるのもいいでしょう。

楽譜の読み方や音楽の勉強など今ではインターネットを利用してもいろいろな情報が集められるので、いろいろな練習法があります。ピアノ教本やDVDなどもあるので、教本を見ながらDVDで実際の弾き方などを詳しく知ることもできます。

弾きたい曲などがあれば、その曲が弾けるようになることを目標として練習するのもいいでしょう。
ピアノの練習は、鍵盤を弾くことから地道に少しずつ練習することから始めますが、好きな曲が弾けることを夢見て頑張れば必ずピアノが弾けるようになります。右手と左手をバラバラに動かす奏法がピアノの独特な奏法ですが、慣れると手元を見なくても右手と左手が自然に動くようになります。難しく思える楽譜も見慣れると簡単に読譜できるようになります。

ピアノの鍵盤が少々重く感じられますが、慣れると鍵盤を押す強さや弱さで音の強弱もつけられるようになるので、どんどんピアノも上達して練習が楽しくなります。

ピアノの選び方は、将来的にも予算などが可能であればアコースティックピアノを選ぶのがいいでしょう。
電子ピアノやキーボードなどでも練習はできますが、将来的にもずっと長く弾けるアコースティックピアノが1台あるといいでしょう。アコースティックピアノは、微妙な音色を弾き方によって変えることができるのが特徴です。
曲の表現力を養う練習においてもアコースティックピアノに慣れておくと素敵な音色が出せるようになります。

自宅での練習で大きなピアノを置けない場合や、大きな音を出せない環境においては、電子ピアノやキーボード、サイレンサーが付いているピアノなどを選ぶのも一つの選択と言えるでしょう。
アコースティックピアノは魅力的ですが、無理に大きなピアノを置いて練習が苦痛になってもいけないので、自宅の環境に沿ったピアノで練習するのが楽しく練習できるコツです。学校が終わってからや仕事が終わってからの練習には、夜間でもできるピアノがおすすめです。楽器屋では、実際の楽器に触れてみることもできるので、一度音色や音の感じなどを確かめてから楽器を選ぶといいでしょう。

ピアノの独学で耳コピで弾いている人もいます。インターネットの動画などでも演奏が見られるので、上手な人の動画を見たり、コンサートに行ったりするのも興味深くピアノを練習できるコツです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)