ピアノで涙を流した友人


私がピアノを始めたのは3歳の物心が付く前の頃からだと聞きました。
当時、実家には母親が趣味で購入したと言うグランドピアノがあり、色んな曲を聴いていたと記憶しています。
母親は良く私をピアノの前に座らせて知らず知らずに教わっていたのでしょう。
私が小学に入学した頃には、いつの間にかラジオやテレビなどで聞いた曲を弾けるくらいにまでになっていました。
クラスメイトの中にはピアノ教室に通う子なんかもいましたが、私は一度もピアノが弾けることを口にすることはありませんでした。
その後、中学を卒業し、私は高校に入学しました。
私は母親の影響もあった性か、ピアノを弾くことが好きで、自宅にあるピアノをずっと趣味として続けており、ほぼ毎日練習?
いや、作曲しては弾くを繰り返す毎日でした。
近所に住む人や母親の仲の良い友人には、母親が私がピアノを弾けると言うことを話したりしていたようですが、知っていたのは本の数人だったようです。
高校には合唱祭と言う行事があります。
各クラスに順番にオルガンが回ってきて、放課後、クラス全員が歌の練習をします。
小学校の頃からエレクトーンを習って来たと言う女子が合唱祭の伴奏の担当で、私の友人が指揮者になりました。
私自身、歌うことも比較的好きだったので、合唱祭の練習もとても楽しみな行事でした。
そんなある日、私は部活が終わり、部室の片付けをしてから教室に戻り、帰る支度をしていました。
いつもなら友人たちと一緒に帰るのですが、ゲームセンターに遊びに行くからとのことで、先に帰ってしまいました。
私はオルガンは弾いたことがなかったので、誰もいないしちょっとだけ弾いてみたくなってしまいました。
蓋を開け、鍵盤を叩く。
スカッ…
え?
ペダルで漕がなきゃ音が出ないんですね(笑)
少し触っている内にそれも直ぐに慣れてきました。
よし、合唱祭の課題曲でも弾いてみようか。
手元に楽譜は無かったけどそれなりには聴いて思い出せるだろう。
そんなことで、耳コピによる一人演奏会開始です(笑)
クラスで歌う課題曲は大地の曲。
演奏の内容的にも簡単な部類ではありましたが、何時躓きながら最後まで弾くことができたぞ。
やっぱりピアノで弾いてみたいな。
そんな欲が出始めてしまい、気がつくと体育館に足を運んでいました。
体育館のステージには黒いグランドピアノがあります。
もし、誰もいなかったら少し弾いてみようと思い体育館に到着。
あれ?
静かだなぁ?
いつもはバレー部やバスケの部活で騒がしいのだけど、誰もいない。
早速、グランドピアノに座り、ドを音を鳴らす。
やっぱり弦楽器は良いですね!
弾くようなこの音に、グッと手に響く重低音。
では、一人演奏会開始!(笑)
今度は途中でミスすることもなく、最後まで弾き切れました。
パチパチパチパチ!
パチパチパチパチパチパチパチパチ!
えっ?
私は慌てて立ち上がりました。
驚きました!
見るとそこにはバスケ部の女子たちと先生が。
みんなはミーティングルームで打ち合わせをしていたそうで、出てきたらピアノを弾いている私を見て、最後まで聴いていたとのこと。
それからは、
○○くん、ピアノを習ってたの?
他にも弾けるのある?
質問責めに…。
余りにも反響が良かったので、私も少しばかり嬉しくなり、出来上がったばかりの新曲を披露することにしました。
弾き終わると2人ほど涙を流している子が…。
感動して自然と涙が出てきたらそうだ。
音の世界だけで人の心も動かすことができるピアノ。
人類最強の弦楽器だと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)