ピアノを独学で練習する方法


さて、本日はピアノを独学で練習する方法についてのお話をさせていただきます。そもそもピアノを独学で練習出来るのか?と言う疑問がありますが、答えから言うとできます。確かにピアノが上手い先生についた方が、上達は早いかも知れません。なので上達は遅くなるかも知れませんが一人で独学も出来ます。
独学に必要なのはキーボードとメトロノーム、そしてもし何か弾きたい曲があればその楽譜、特に弾きたい曲がないのであればチューリップなどの子供が習う様な本でも良いでしょう。
また、現在はインターネットの普及によって教則本と同じレベルの内容の記事が得られますので、それをプリントしておくのも良いでしょう。先ず始めに覚えないといけないのは指使いです。幾ら独学でもこれは基本中の基本なのでしっかりマスターしておきましょう。言ってみれば箸の持ち方みたいな物です。ちなみにドは親指、レは人差し指、ミは中指、そして次のファは薬指ではなくてまた親指に戻ります。ここを間違えない様にしましょう。そしてソが人差し指、ラが中指、シが薬指、最後のドが小指、またオクターブ上のレを弾きたい時は親指で弾きます。これは活字で書くと難しい様に聞こえますが、実際にやって見ると簡単なので一度試して見てください。
次のステップは譜面を見ながら鍵盤を叩く事です。譜面の見方で、どれがドで何がレなのかは、文章で書く事が難しいのでここでは省くとしまして、実際に譜面の音を弾くに当たっては予め知っている曲か、皆さんが弾きたいと言う憧れの曲が良いでしょう。知らない曲や初めて譜面を見た曲は頭の中にメロディーが入っていない為、弾いた音やメロディーが合っているのかも分からなくなってしまいます。なので初めて弾く曲は出来るだけシンプルで皆さんが聞いた事がある曲をお勧めいたします。いくら憧れがあっても難しい曲だと途中で諦めてしまう場合が多いので、弾きたい曲があってもそこは我慢をして、ステップアップして行きましょう。さて、次のステップはメトロノームを使ってテンポに合わせて弾くという事です。幾ら譜面に書いてある音符を弾ける様になってもスピードや、テンポがバラバラでは聴いている方としては曲として成立しません。ですのでその為にメトロノームがあるのです。最初は原曲の早さよりユックリでもいいので、正しくリズムに載せて弾ける様に心がけましょう。ユックリのリズムで、弾ける様になった後で早いテンポで練習をして最終的に原曲と同じ早さで弾ける様になれれば良いのです。どうでしょうか、ここまでできる様になるまでにはかなりの時間を費やしますが、しかしここまで来たら後は仕上げとして曲にはパートパートで強弱をつけないと、いくらテンポ良く弾いても単調な曲に聞こえてしまいます。皆さんも人の話を聴いたり演劇のセリフを聞く時に、必ずアクセントと言う物があると思います。その強弱をつけるからこそセリフに抑揚が出て、人の感情に働きかけるのです。以上のステップを踏めば独学でもピアノを弾く事は十分可能なのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)