[初心者の人々のピアノ演奏方法などに関して]


まだピアノを弾き始めて間もない初心者の人々などが、必ず直面する大きな壁であるのが、
連打・トリル・スタッカートなどである、様々な種類などの演奏テクニックだと思われます。
これらの演奏技法などを充分に練習したりして、確実に習得していない事には、
まずピアノを弾き熟す事自体が困難だとも言えます。
そういう状況などに陥ら無い為にも、ピアノ初心者の方々などに向けて、ピアノ演奏方法などを説明して行こうかと思います。
・初心者の人達に向けたピアノ演奏方法などについて。
ピアノの鍵盤へとタッチして弾いて行く時には、必要以上に緊張したりして力んでしまう原因から、
自らの肩などや手先や指先などにも、余計な力などが加わってしまいがちです。
その為一曲演奏するだけでも、かなり疲れやすくなってしまいます。
そこで譜面に必ず出て来たりする色々なタイプの演奏テクニックの中でも、初心者の人々などが、
最もマスターしにくい技法などしっかりと解消してもらう為、上手く弾いて行く為の秘策などを詳しく説明して行きます。
1.スタッカートをマスターするには?
ピアノの楽譜の中でも多く登場して来るのがスタッカートの演奏技術だと言えます。
スタッカートとはピアノの鍵盤を弾く要領などによりタッチして行く事で、簡単に身に付ける事が出来ます。
スタッカートを確実に習得するのには、指先が鍵盤に触れて行くスピードなどを、
しっかりマスターして行くのも必要不可欠になって来ます。
その素早い動きなどを確実に実現させるのには、自分自身の手首を支点などにしながら、手の甲などを上下に動かしたりして、
鍵盤へとタッチして行く事が、スタッカートを上手く身に付ける為には、非常に大切なポイントでもあり重要なコツにもなります。
スタッカートを演奏する時点で、自らの手首の筋肉などが固まったりして真っ直ぐの状態ならば、
早いテンポなどによりスタッカートを奏でる事など、殆ど確率などで不可能に近いのだと言えます。
スタッカートを問題など無く正確に弾くのには、自分の腕を動かさないようにしっかり意識しながら、
手首の部位などの力を抜いたりして柔らかくして行きながら、挑戦して行くとすんなりと演奏出来たりします。
2.トリルをマスターするには?
トリルに付いてもスタッカートと一緒の要領などで、
自らの指先を通常のピアノ演奏よりも、更に早く動かす事が肝心なポイントになります。
本人がリラックスした精神状態などにより、ピアノの鍵盤へとタッチして行く事が大事です。
譜面に書き記された指使いなどでを正しく守りながら、ピアノの鍵盤に触れて行く事が、
効率良くマスター出来たりする最適な方法だと言えます。
ピアノを演奏する事自体に慣れて来ると、知らず知らずの内に指癖などを覚えてしまうので、
自分自身が1番行いやすい指使いなどにより、ピアノの弾き熟してしまうパターンなどがかなり多くなってしまいます。
この演奏スタイルなどが大きな要因などになってしまい、トリルやピアノなどを上手く奏でられない、
トラブルなどになってしまっいる場合などもあります。
このようなスランプなどへと陥ってしまった際では、自分自身の指先や手首などの力を、
充分に抜いたりしながら、再度弱めの音などでピアノを弾いて見て下さい。
もしトリルが難無くあっさりと演奏する事が出来たのなら、
自分自身の身体にも、余計な力などが入っていない証拠でもあるので、トリルを習得出来た証だとも言えます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)