ピアノのペダルを使いこなそう!演奏に欠かせないペダルの役割。


ピアノのペダルを使いこなそう!演奏に欠かせないペダルの役割。

グランドピアノやアップライトピアノの足下にあるペダル、上手く使いこなせていますか?
標準であれば、3つのペダルが搭載されていますが、それぞれのペダルには異なった役割があります。
今回は、ピアノのペダルについて、ご紹介していきます。

各ペダルの名称

グランドピアノとアップライトピアノでは、構造の違いにより、ペダルの名称や機能も若干異なります。
グランドピアノのペダルは、右側は「ダンパーペダル」、中央は「ソステヌートペダル」、左側は「シフトペダル」と呼ばれます。
一方、アップライトピアノのペダルは、右側は同じく「ダンパーペダル」、中央は「マフラーペダル」、左側は「ソフトペダル」と呼ばれます。

ダンパーペダルの機能

右側の「ダンパーペダル」は、演奏上で最も頻繁に使われます。
このペダルを踏むと、全てのダンパー(弦を押さえている部分)が一斉に弦から離れます。
踏んでいる間に弾かれた音は、鍵盤から指を離した後も、継続して持続されます。
距離のある運指、音を重ねる場合、余韻を残す音楽表現など、多様に用いられます。
バラードなど、スローな曲の場合には、常時、踏み替えながら使用し続けます。
前の音と濁らないように、適切な箇所で踏み替える必要があります。
踏み替えのタイミングは、主にコードが入れ替わる場所です。
「音を弾いた後にペダルを踏む」ことを意識すると、ムラなく演奏出来ます。

ソステヌートペダルとマフラーペダルの機能

グランドピアノの中央のペダルは「ソステヌートペダル」と呼ばれます。
踏む直前に弾いた音のダンパーだけが、弦から離れることにより、その音だけが継続して持続されます。
特定の音だけを伸ばしながら、別のフレーズを両手で弾くことが可能です。
演奏上の使用頻度は低く、ピアノの上級者でも使ったことがない人も多いです。
一方、アップライトピアノの中央のペダルは「マフラーペダル」と呼ばれます。
このペダルを踏むと、弦とハンマーの間に薄いフェルトやクロスが下がり、この上から弦を叩くことで、かなりの消音になります。
演奏上で使われることは殆どありませんが、夜にピアノの練習をする際などに用いられます。

シフトペダルとソフトペダルの機能

グランドピアノの左側のペダルは「シフトペダル」と呼ばれます。
このペダルを踏むと、鍵盤が右へ移動し、通常3本の弦を打っていたハンマーが、2本の弦のみを打つことになります。
これにより音量が下がることは勿論、ハンマーの打弦位置が変わり、ソフトな音色や響きに変化します。
一方、アップライトピアノの中央のペダルは「ソフトペダル」と呼ばれます。
このペダルを踏むと、ハンマー全体が弦に近づき、ソフトな音に変化します。
アップライトピアノの場合、構造上により打弦の本数は変わりません。
ハンマーの打弦距離が短くなるので、音量が下がり、またタッチ感も変わります。
演奏上では、ダンパーペダルほどではありませんが、質素で素朴な音が必要な時には、よく使用されます。

まとめ

ペダルは、ピアノという楽器が発達していく中で、徐々に搭載された背景を持っています。
音の長さ、音量、音質、即ち音楽表現をより豊かにする為に存在しています。
これらのペダルを上手く利用出来れば、あなたの音楽表現はぐっと向上することでしょう。
是非、それぞれのペダルの役割をよく理解し、足下にも意識を向けられるようになると良いでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)