意外と知らないピアノの歴史!ピアノはこうして作られた。


意外と知らないピアノの歴史!ピアノはこうして作られた。

現在、弾かれているピアノは、約300年の時を経て完成に至りました。
ピアノの歴史を紐解いていくと、現代のピアノの見方も変わっていくでしょう。

■ピアノの原型「ピアノフォルテ」

現在のピアノの原型ともなった「ピアノフォルテ」を作ったのは、イタリアのクリストフォリ(1655~1731)です。
これまでは、爪を用いて弦を弾く、チェンバロが主流でした。
しかし、音の強弱が乏しかったことから、ハンマー用いて、弦を打つ仕組みが取り入れました。
これが1709年ですから、今から約300年前には、現在のピアノのメカニズムが考案されていたことになります。
このピアノは、弱音も強音も出せるチェンバロという意味から「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」 (Clavicembalo col piano e forte)と名付けられました。
その後、クリストフォリのピアノ制作の技術は、ドイツのオルガン製作家、ジルバーマンに受け継がれます。
クリストフォリのピアノに改良を重ね、新しいピアノを作り出し、1747年には、フリードリッヒ大王に献呈され、J.S.バッハにより演奏されました。

■「ピアノフォルテ」の改良

このジルバーマンの「ピアノフォルテ」に、新たな改良を加えたのが、ヨハン・アンドレス・シュタイン(1728~1792)です。
「ドイツ式」(ウィーン式)と呼ばれるアクションが特徴です。
シュタインのピアノは、軽やかな音とタッチが特長で、モーツァルトに愛用され、多くのピアノ曲が生まれました。
一方、イギリスでも、ヨハネス・ツンペによりクラヴィコードにハンマーアクションを用いた「スクウェアピアノ」が制作されます。
初めてピアノソロの公開演奏がされた、1768年には、J.C.バッハ(J.S.バッハの息子)が、このピアノが使用しています。
その後、1780年にジョン・ブロード・ウッドにより、弦の張力が増大され、フレームも強化されます。
これにより、タッチに抵抗感が生まれ、より力強い音を生み出しました。
このピアノは、晩年のベートーヴェンが愛用し、数々の傑作を書きました。

■音量と音域の追求

18世紀の終り頃まで、ピアノの音域は5オクターブが標準でしたが、1800年を過ぎると、音域が拡大されていきました。
1789年、フランス革命以後には、ピアノ音楽も一般大衆化し、ピアノ工業も大きな発達を遂げ、18世紀末には、1000~2000人の客席がある、ホールも出来ました。
これを受け、音域、音量、音の伸びの向上が求められるようになりました。
1799年には、更に高い張力で弦が張られ、それを支えるフレームには、頑丈な鉄骨が使われ始めます。
手作業だけでは、ピアノ制作が不可能な時代に入ります。
また、タッチの面などでも、ピアノに対する要求は大きくなっていきました。
連打、トリル、装飾音や連続したパッセージが多用されるに従い、ピアノのアクションの精密度も上がっていきました。
1821年に、フランスのピエール・エラールにより、アクションの一層の精密さ、アフタータッチのクリアさ、素早い連打を可能にすした画期的なグランドアクションが発明されました。

■ピアノ全体の性能の底上げ

1820年を過ぎる頃には、各国がこぞってピアノの性能の向上に力を入れ始めます。
ミュージックワイヤーを使うようになり、ピアノフォルテ時代の細い真鍮線に比べると、音量が著しく増大します。
また、1820年には、低音部に太い銅の巻線を使うようになり、1826年には、フランスのハープが、フェルト製のハンマーを発明しました。
他にも、スペース的な実用性を高める為、張弦を交叉した「交叉弦」も、やはり19世紀前半に考案されました。
音域も、ショパン、リスト時代には、82鍵にまで増大されています。
増大した音量と拡大した音域を、存分に駆使した作曲家はリストです。

■現代のピアノの完成

19世紀の半ば、ショパン、リスト時代を経て、ピアノのメカニズムの原理と工法は、殆ど完成の域に達しました。
その後は、もっぱらピアノの質の向上に向けられていきます。
ピアノの弦は、更に太い巻線になり、また全体の張力も増大した為、1840年にはそれを支える為、鋳物の鉄骨を組むようになりました。
その上、華やかで明るい音を追求し、弦の張力も限度まで高められます。
現代ピアノの張力は、20トンにも及んでいます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)