ピアノと電子ピアノ。音の違いについて


ピアノと電子ピアノ。音の違いについて

最近は、電子ピアノでピアノを練習している子がとても多いです。賃貸住宅などではピアノ禁止の所も多く、ピアノは置くことができないという人でも、電子ピアノでなら、ボリュームを小さくして弾けば近所に迷惑にはなりません。ピアノを習いたいけれど家にピアノを置くことができない、という人には、電子ピアノはとても便利だと言えるでしょう。転勤が多くて、引越しをすることが分かっている人も、電子ピアノなら引越し先でも使えますし、運搬もピアノに比べて手軽です。

また、ピアノを習いはじめたばかりで、長続きするか分からない、という子に高いピアノを買うのはもったいない気がする、という人も多いでしょう。今も昔も、ピアノを習っていたれどやめてしまってからはピアノは全然弾かない、という人は多いはずです。まずは電子ピアノを買ってみて、上手になってきたら、あるいは子供がずっと続けたいと思うようならピアノに買い替える、という家庭も多いようです。ピアノは毎年調律が必要で、買った後も毎年お金がかかりますが、電子ピアノなら調律の必要はありません。

しかし、ピアノと電子ピアノは、まったく違ったものであるということを、きちんと考えておく必要があります。
電子ピアノは、鍵盤を押すとあらかじめ内臓されている音が出るしくみになっています。ピアノは、やわらかい音やかたい音、悲しい音、楽しい音など、弾く人の弾き方によって、その時その時で音が変わるのですが、電子ピアノではいつも同じ音になってしまいます。音にこだわって弾くほどのレベルを目指していないから、と思う人も多いかもしれませんが、電子ピアノで練習している子と、ピアノで練習している子では他にも差が出てきます。ピアノは、乱暴に弾くと乱暴な、良くない音が出てしまいます。しっかりとしたタッチで弾かないと、きちんとした音が出ません。子供でも、変な音、きれいでない音には敏感に気づきます。

そのため、ピアノを弾いていると無意識のうちにきちんとしたタッチでしっかりと弾くようになっていきます。しかし、電子ピアノはきちんとしたタッチで弾いていなくてもちゃんと音が出るので、悪いタッチのままでも気にしないで弾いてしまいます。乱暴な弾き方をしても、ピアノのように乱暴な音が出ないので、気づかずそのままの弾き方になってしまいます。

長い間電子ピアノで練習している子がピアノで演奏すると、ピアノで練習している子に比べて、タッチが浅いことが多く、音がしっかり出ていないことが多いのです。また、強い音、大きな音を弾くと乱暴な音になってしまうことも多いのです。
電子ピアノからピアノに買い替えても、そのようなタッチのくせはすぐには直りません。

電子ピアノでも、レッスンを続けているとどんどん上達して、難しい曲でも上手に弾けるようになるでしょう。しかし、難しい曲が弾けていても、いい音で弾くという点では、ピアノとは全然違うのです。クラシックの曲などでは、ただ弾いているだけではだめで、いい音で弾くことが求められます。電子ピアノはとても便利ですが、ピアノとは違いがあることを考えておきましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)